高志の国文学館 堀田善衞「世界の水平線を見つめて」

 富山県民生涯学習カレッジ   '18/10/15
開催期間 : 2018年10月17日(水)9:30~2018年12月17日(月)18:00

主催者 :

高志の国文学館
 

 

高志の国文学館 

 

                    生誕100年記念特別展

 

       堀  田  善  衞

 

                 世界の水平線を見つめて

 

 

芥川賞作家堀田善衞は、富山県高岡市伏木の廻船問屋に生まれました。上京して二・二六事件、東京大空襲に遭遇し、終戦前後の混乱期を上海で過ごしました。

 

本展では、堀田善衞が生きた時代と文学者としての仕事を、堀田善衞撮影の世界各地の写真とともに紹介します。また、作家たちが堀田善衞について語るインタビュー映像を上映します。スタジオジブリの宮崎吾朗監督が描いた「路上の人」のイメージボードや絵コンテなどを紹介する特設コーナーもぜひご覧ください。スタジオジブリの宮崎駿監督は、「潮に流されて自分の位置が判らなくなった時、ぼくは何度も堀田さんにたすけられた」と述べています。堀田善衞のことばは、今を生き抜くための羅針盤となるでしょう。

  

  • 会  期  平成30年1017日(水)~1217日(月)
  • 開館時間 9:30~18:00(観覧受付は17:30まで)
  • 休 館 日  毎週火曜日、11月26日(月)
  • 観 覧 料  一般500円(400円)、大学生250円(200円)、前売り・一般400円

オープニングセレモニー
 日時 10月17日(水)16:30-19:10
 会場 当館 ライブラリーコーナー

 

開催施設:高志の国文学館
関連リンク 関連リンク
高志の国文学館HP


チラシ表
(1.01 MB)

チラシ裏
(845.15 KB)
お問合わせ お問い合わせ
高志の国文学館
 Tel 076-431-5492
 Fax 076-431-5490
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ